研究紹介

燃料・化学品研究

エネルギーと素材に、新しい息吹き。
石油の高度有効活用に留まらず、カーボンニュートラル化を目指した環境にやさしいクリーン燃料と化学素材の原料である石油化学誘導品を開発。
製油所・製造所の安全安定操業に繋がるさまざまな技術やデジタライゼーションにも取り組んでいます。

エネルギーと素材を扱う我々だからこそ、未来へと繋がる貢献を成し遂げたい。
将来のカーボンニュートラル化に向けて、バイオ燃料開発やエンジンの熱効率向上に寄与する革新燃焼に適した燃料の検討などにより、さらなるCO2削減を目指すとともに、需要が縮小する重油からプロピレンや芳香族といった石油化学品や誘導品を高効率で製造するプロセスの開発に成功。
安全安心な品質の維持・向上とともに、未来を見据えた低炭素社会に貢献する技術開発への挑戦を続けています。