燃料・化学品研究

燃料からのエンジン熱効率向上の追求

図 燃料組成変更による熱効率の向上

運輸部門のCO2排出量ネットゼロの流れに際して、カーボンニュートラル燃料(バイオ燃料や再生可能エネルギー由来の合成燃料など)が注目されています。しかしながら、これらの燃料も無尽蔵に製造できるものではないため、有効にかつ賢く使っていく策を講じる必要があります。CO2排出量ネットゼロのためにも、ハイブリッド車に用いられるエンジン自体の熱効率を向上していかなければなりません。
ガソリンエンジンにおける熱効率向上の方法として、燃料がちょうど燃え切るのに必要な空気と燃料の比(理論空燃比)に対して空気量を2倍以上導入し、燃料希薄状態で燃やすスーパーリーンバーンという燃焼方式が注目を集めています。当社はこのスーパーリーンバーンエンジンと燃料の組合せによる高効率化を目指した研究を行っています。
スーパーリーンバーンにおいては、空気の導入量を多くするほど高効率化が可能となりますが、燃料希薄状態になるために燃焼が不安定になります。これまでの研究により、私たちは、燃料の組成を変えることによってさらに希薄な領域まで安定して燃焼させ、熱効率を大きく向上させることが可能であることを見出しています。
当社は、環境負荷が少ない燃料油を提供するために、これからも研究開発を推進いたします。