機能材研究

ナノインプリント技術

ナノインプリント技術とは、精密転写技術の1つで、基材の表面にナノメートルサイズの微細構造を形成する技術です。微細構造の形状に応じて、様々な光学的機能を発現させることができます。(図1)
当社では光学フィルムの製造で培ったシミュレーションと評価技術を活用して、様々な機能を持った光学製品の開発に取り組んでいます。
近年、レーザー光源下で使用可能な高い耐光性・耐熱性を持ち、光の偏光状態を制御する無機波長板(Nanoable® Waveplate)を製品化しました。
このほか、レーザー光の出射形状を制御可能な無機拡散板、従来にはない低い電気抵抗と高い透明性を両立した透明導電フィルムの製品開発を進めています。

図1 ナノインプリント技術を活かしたアプリケーション例

当社のナノインプリント技術と用途開発

フィルムインプリント

図2 フィルムインプリント(模式図)

フィルムインプリントでは、基材フィルム上にUV硬化樹脂を塗布し、凹凸付き金属ロールに押し付けることで微細構造を形成します(図2)。ロールtoロールプロセスを採用することで、高い生産性を実現しています。

ガラスインプリント

図3 ガラスインプリント(模式図)

ナノインプリント製品を様々な用途に対応させるため、当社ではガラス基板への無機材料によるインプリント(ガラスインプリント)の開発を行っています。製品は無機材料のみで構成されるため、従来のフィルム製品にはない高い耐光性・耐熱性・耐薬品性を備えています。最大400×500mmのサイズに対応することができ、ロールtoシートプロセスの採用による連続処理を実現しています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。