低炭素技術研究

バイオ燃料

セルロース系バイオエタノールの製造技術開発

生物化学的な変換によるバイオマスからのエネルギー生産

二酸化炭素排出量削減の観点からバイオエタノールは自動車用燃料や化学品用の原料など様々な用途での利用が期待されています。また、近年、航空業界からの二酸化炭素排出量を削減するため、バイオエタノールを原料に航空機用燃料を製造することも注目されています。

現在、世界で主に生産されているバイオエタノールはさとうきびやとうもろこしなどの食料から生産されており、食料との競合が懸念されています。当社はパルプなどの木質バイオマスや古紙など食料として利用できないセルロース資源を原料にバイオエタノール製造技術の開発を進めています。

セルロース系バイオエタノールの製造は食料を原料にした場合に比べ、糖化反応(分解反応)を受けやすくするため、原料の前処理が必要など不利な点も多いです。しかしながら、当社は効率的な前処理法の探索、エタノール連続生産プロセスの構築、発酵に使う高性能な独自酵母の開発を進め、化石資源使用時よりも二酸化炭素排出量が少なく、経済的にも成立しうるバイオエタノール製造技術の確立を目指しています。

原料の安定確保と二酸化炭素排出量削減効果向上への取組み

将来的な事業スキーム

セルロース系バイオエタノールの利用や普及促進には、製造技術の確立だけでなく、原料を安定的かつ大量に確保することも重要です。当社は木質バイオマスや古紙といったセルロース系原料の確保量拡大に加えて、将来的にはセルロース系廃棄物や食料として利用することのできない非可食植物由来の糖を利用することも視野に入れ、原料の拡大を検討しています。さらに、バイオ燃料製造工場からは燃料製造に伴い二酸化炭素が排出されますが、この二酸化炭素を回収し、二酸化炭素から燃料を造る技術である再エネ合成燃料の原料とすることで二酸化炭素排出量削減効果のより高い低炭素燃料を製造する研究開発にも取り組んでいます。

今後、セルロース系バイオエタノールの製造技術を実用化し、自動車用燃料、化学品原料、航空機用燃料などに利用することで、日本の二酸化炭素排出量の削減に貢献していきます。

備考