低炭素技術研究

再エネ合成燃料(二酸化炭素から燃料を造る)

自動車や航空機などの運輸部門におけるCO2排出量の大幅削減に向け、当社では既存の化石燃料(ジェット燃料、ガソリン、灯油など)の代替品となる「再生可能エネルギー由来の水素」と「CO2」を原料とした「再エネ合成燃料」製造技術の研究に取り組んでいます。
原料のCO2は、工場の排気ガスや大気から回収したものですので、「再エネ合成燃料」を使用しても地球のCO2濃度を増加させることはありません。
「再エネ合成燃料」は化石燃料(原油)に非常に近い成分でできていますので、既存の製油所設備の転用が可能であるとともに、燃料を使用する航空機や自動車も既存のものがそのまま使えます。燃料の流通経路も確立されているため、製造技術が実現すれば非常に早く普及できると考えています。
本技術の実現に向けて、製造プロセス、触媒など様々な技術革新が必要です。技術革新のために当社では「効率的に燃料を製造できる触媒開発」、「触媒の性能を最大限に生かすプロセス開発」に取り組んでいます。

効率的に燃料を製造できる触媒開発

原料である水素とCO2を無駄にすることなく燃料にすることが重要です。水素とCO2を触媒を使用して反応させると、燃料の元となる軽質な油以外にメタンなどのガスやワックスなどの重質な油も生成されます。より効率的に燃料を得るためには軽質な油をより多く得ることができる触媒の開発が必要です。

触媒の性能を最大限に生かすプロセス開発

各製造プロセスにおける熱や生成物を有効に利用することが重要です。熱を出すプロセスもあれば、熱が必要なプロセスもありますので、各プロセスをどのように組み合わせるかを検討することが必要です。また、製造工程で排出されるCO2を極限まで削減させることも検討しています。
私たちは、地球環境にやさしい「再エネ合成燃料」製造を近い将来に実現させたいと考えています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。