シミュレーション・デジタル技術

熱流体シミュレーション

図1:CFDソフト流体の基礎方程式と各種物理化学モデルの連成イメージと当社の解析事例

熱流体シミュレーション(Computational Fluid Dynamics(CFD))は、流体の流れや熱の移動を計算することで、コンピューター上での模擬実験を行うことができます。
当社では、実験で得た反応速度、反応劣化や伝熱等の各種物理化学モデルを流体の基礎方程式と連成させることにより、当社独自の熱流体シミュレーション技術を構築し、汎用ソフトでは不可能な実際の条件に即したシミュレーションを行っています。また、解析の自動化技術や最適化技術などの最新技術も積極的に導入しています。
今後も新しい技術を積極的に導入し、エネルギー及び素材の安全・安定供給並びに新規事業創出に貢献していきます。

図2:気液混相流解析事例
(通気攪拌型培養槽内解析)
図3:気固混相流解析事例
(固体触媒の流動状態解析)
図4:自動化技術や最適化技術の導入例
(応答曲面法による設計・運転最適化)

関連ページ

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。