シミュレーション・デジタル技術

マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用した新素材開発

MIを活用した新素材開発

MIとは膨大な材料データをAI(ディープラーニング)等で解析し、期待する性能が出そうな化学構造や組成を設計する手法であり、各国が注目する今後必須となる技術です。従来、実験をもとに「研究者の経験と勘」で進めてきた素材開発を圧倒的に加速することが期待されます。
当社では、実験、シミュレーション、AIを融合させることで「物理・化学法則による提案」と「統計解析による提案」により、再生可能エネルギー・触媒・機能材料・潤滑油等の分野で、革新的素材(高性能・新機能・低コスト・SDGs)の発見・開発に繋げることを目指し取り組んでいきます。

MI活用事例:高性能ポリマー収率を向上するモノマー配合組成探索

MIを活用した高性能ポリマー収率を向上するモノマー配合組成探索

高性能ポリマー収率向上のため、独自の収率予測モデルを構築しました。重合反応の物理化学的知見と実験データをAIで学習させることで構築した本モデルを用いて膨大な数のモノマー配合比の仮想実験(計算)を行い、従来を上回る収率向上を実現しています。

MI活用事例:高機能触媒設計

化学シミュレーションにより様々な触媒表面上で起こる反応の活性化エネルギー(反応の進行しやすさ)や吸着・脱離エネルギーを算出し、その結果を機械学習・AIにより解析、従来よりも高機能な触媒の設計を試みています。

関連ページ

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。