水素事業

ENEOSの水素ステーション

水素ステーション網の構築 <全国47ヵ所に展開>

当社は、四大都市圏で47ヵ所の水素ステーションを展開しており、日本国内の水素ステーションのおよそ3割を占めています。
当社の水素ステーションは、次のタイプがあります。

四大都市圏で47ヵ所の水素ステーションを整備
  • 「単独型」(FCVへの水素充填のみに特化したステーション)……18ヵ所
  • 「SS一体型」(ENEOSのサービスステーション=SSに併設したタイプのステーション)……17ヵ所
  • 「移動式」(専用トラックの荷台に水素充填機器を搭載し、販売拠点に移動して水素の販売を行うステーション)……12ヵ所

水素ステーションの分類

当社の水素ステーションは、(1)設置方法 (2)運営方法 (3)水素製造場所 の3つの切り口で、それぞれ次のとおり分類することができます。設置エリアの特性やニーズに合わせ、多様な形態のステーションを展開しています。

(1)設置方法 固定式(定置式) 移動式
(2)運営方法 SS一体型 単独型
(3)水素製造場所 オンサイト式
水素製造装置を敷地内に有する
オフサイト式
水素製造装置を敷地内に有さない

ENEOSの水素ステーションのご紹介

ENEOSは様々な種類の水素ステーションを展開しています。

単独型:東京目黒水素ステーション
SS一体型:Dr.Drive セルフ潮見公園店
移動式:横浜大さん橋水素ステーション
単独型:東京大井水素ステーション
大型商用車の受け入れ、水素の出荷設備も有する国内最大級の水素ステーション
単独型:横浜旭水素ステーション
国内初の水電解装置によるCO2フリー水素の商用販売を開始。

水素製造出荷センター

2016年3月、本牧事業所(神奈川県横浜市)に、「水素製造出荷センター」を開所しました。
この水素製造出荷センターは、現在、LPGを原料に水素を製造し、当社の首都圏におけるオフサイト式水素ステーションおよび移動式水素ステーションに水素を供給しています。これにより、首都圏において、水素の「製造」「輸送」「販売」の効率的かつ安定的な水素供給サプライチェーンが構築されました。

<水素製造出荷センター外観>

<水素供給の流れ>

水素製造出荷センターの構成

水素製造装置で製造された水素は、圧縮機で昇圧され、蓄圧器で蓄えられた後、水素トレーラー・移動式水素ステーションに積み込まれます。水素トレーラーは、水素ステーションへ水素を輸送供給します。
また、移動式水素ステーションは、販売拠点に移動し、FCVへの水素供給充填を行います。