本牧インサイト

「ENEOS株式会社におけるCFD技術の活用」についてAnsys INNOVATION CONFERENCE 2020 で発表

「ENEOS株式会社におけるCFD(※1)技術の活用」について、2020年9月9日~11日にオンラインで開催された「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」で発表を行いました。本カンファレンスは、CAEソフトウェアのリーディングカンパニーであるAnsys社の日本法人であるアンシス・ジャパン株式会社が主催する国内最大級のユーザーカンファレンスであり、各社がAnsys製品の活用事例を紹介するものです。
当社は、石油精製・石油化学品や再生可能エネルギーなどの各事業分野において、CFDソフト(Ansys Fluent)と当社独自で開発した各種物理化学モデルを連成させ、プロセス開発・改良に活用し、装置の効率化向上・安全性向上などを実現した事例を発表しました。さらに、解析の自動化技術や最適化技術などの最新技術を導入、活用している事例も発表し、当社の技術力のアピールを行いました。
今後も同社のソフトウェア開発技術を利用し、最新技術を導入するとともに、さらなるプロセス開発・改良にむけた設計や開発を推進していきたいと考えています。

  1. ※1Computational Fluid Dynamics(熱流体シミュレーション)

参考

図1 CFDソフトと各種物理化学モデルの連成イメージと当社の解析事例

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。