本牧インサイト

公益信託を通じた水素分野の基盤研究奨励の取り組み

ENEOSでは「公益信託ENEOS水素基金」を2006年に設立し、水素エネルギーの供給に関する基礎研究に対して長年にわたり助成を行ってきました。基礎研究に対して安定的、継続的に大きな額を助成することで、水素エネルギーによるサステナブルな社会の早期実現に向けて貢献しています。現在においては、世界的に注目の集まるSDGsや、グループ長期ビジョンの一つである「低炭素・循環型社会」に貢献する活動としても位置付けられます。公益信託の制度上、当社は助成者の決定に関与することはできませんが、この活動を通じて国内の様々な水素・CO2の研究者を支援し、また関係を形成しています。
2020年度は以下の5名の研究者に計5,000万円の助成を行っています。2021年度分は4月より募集を開始します。募集要項等は三井住友信託銀行(株)のHPに掲載されておりますので、応募を希望される方はこちらをご覧ください。

2020年度 研究テーマおよび助成対象者

研究部門 研究テーマおよび助成対象者(敬称略)
水素製造技術 光触媒的・光電気化学的水素生成を志向した可視~近赤外応答型銅カルコゲナイド粉末光触媒のバルク・表面での電子構造制御・表面反応場設計
影島 洋介(信州大学 工学部 物質化学科 助教)
表面欠陥準位を制御した新しい光触媒の開発
山方 啓(豊田工業大学大学院 工学研究科 准教授)
水素貯蔵・輸送に関する技術 酸化グラフェンを用いた水素輸送デバイスの開発とその動作機構の解明
木田 徹也(熊本大学大学院 自然科学研究科 教授)
CO2固定化・削減技術 二酸化炭素から有用有機化合物への高効率直接変換を可能にする含フッ素有機分子触媒の創製
大橋 理人(大阪府立大学 大学院理学系研究科 分子科学専攻 教授)
緑藻ーバクテリア共培養系の指向進化および希薄CO2からの有用物質生産
山田 亮祐(大阪府立大学 大学院工学研究科 物質化学系専攻 准教授)
2020年度、2021年度助成対象者およびENEOS水素基金関係者(オンラインにて実施)