本牧インサイト

日本トライボロジー学会 論文賞を受賞

当社研究員は、英国サウサンプトン大学と共同で、日本トライボロジー学会の2020年度論文賞を受賞しました(※1)。受賞論文の題目は、「Effect of Lubrication on Friction and Wear Properties of PEEK with Steel Counterparts」です。

樹脂(プラスチック)材料は、軽量・低騒音性といった利点から、様々な分野で摺動部位への適用が進んでおり、摩耗防止や摩擦低減に適した潤滑油の開発が望まれています。本論文は、樹脂材料の摺動における潤滑の効果とその作用機構を考察したもので、今後、得られた知見をもとに、樹脂材料が用いられる摺動システムの更なる効率化や樹脂材料に適した潤滑油の開発に取り組んでまいります。

なお、本論文は、2019年9月に開催された国際会議「International Tribology Conference (ITC) Sendai 2019」において“Best Paper Awards”を受賞しております(※2)

  1. ※12020年度日本トライボロジー学会 表彰受賞者
    https://www.tribology.jp/activities/public_subscription/sudmef00000003si-att/sudmef0000001gxt.pdf
  2. ※2ITC Sendai 2019 “Best Paper Awards”受賞者
    http://www2.convention.co.jp/itc2019/award/index.html
図1 杉村学会長(左上)と受賞者(表彰式はオンラインにて実施)

関連論文

  • “Effect of Lubrication on Friction and Wear Properties of PEEK with Steel Counterparts” (Open access)
    Tatsumi, G., Ratoi, M., Shitara, Y., Sakamoto, K., and Mellor, B. G., Tribology Online, 2019, 14, 5, 345–352.
    https://doi.org/10.2474/trol.14.345

参考