CSR活動トピックス

和歌山製油所

  • 社会貢献活動
  • 地域
  • 従業員参加

和歌山製油所沖合の「地ノ島」でボランティア清掃を実施

6月5日に毎年恒例の「地ノ島ボランティア清掃」を実施しました。
地ノ島は当所の沖合約1kmにある無人島で、毎年夏にはキャンプやバーベキューの会場、水質が良くきれいな砂浜の海水浴場として賑わいます。例年、海開き前に漂着ごみや空き缶などを回収する清掃活動を続けており、今回は当所と有田市役所、有田市観光協会が共同して実施しました。今年は参加人数を減らし、密を回避する等の感染対策を実施のうえ、開催しました。
今後も当所は、地域社会に貢献する活動を継続していきます。

  • 安全確保/環境保全

電気保安功労者を受賞

8月7日、帝国ホテル大阪(大阪府大阪市)にて、当所所員が経済産業省中部近畿産業保安監督部近畿支部長から電気保安功労者として表彰されました。これは過去21年間にわたり、製油所のエネルギー法定管理者としてエネルギーの有効利用・設備の改善を実施し、また、19年間、和歌山県労働基準協会法定講習の講師として地域の保安および労働衛生の向上に尽力、さらに当所発電所のボイラ・タービン主任技術者として種々の改善を計画・実行し、通算約36年間電気保安業務に従事した功績が認められたものです。

  • 社会貢献活動
  • 文化
  • 地域

2020/4/12

製油所内古墳前で長屋王例祭を執行

4月12日、当所内にある「椒浜(はじかみはま)古墳」(和歌山県指定史跡)前にて長屋王例祭を実施しました。同古墳は、古墳時代後期初頭となる5世紀ころに造られた前方後円の砂丘式古墳で、現在は後円基底部が残存し、当所に保存されており、当所では長年にわたり毎年4月に地域住民の方々をお招きして例祭を行っています。

  • 安全確保/環境保全

大容量泡放射システムの訓練を実施

3月3日、大阪府南部と和歌山県の特別防災区域内の6社9事業所で構成する大阪・和歌山広域共同防災協議会が保有する「大容量泡放射システム」の実放水訓練を当所にて実施しました。訓練では南海トラフを震源とする震度6強の地震が発生したことを想定し、「大容量泡放射システム」の設置から実放水までの一連の動作を確認しました。当所は訓練を通じ、有事の際の各関係機関と連携体制の確立を図るとともに、非常時においても迅速かつ的確な対応ができるよう努めていきます。

  • 社会貢献活動
  • 地域

2020/2/20

湯浅町へマスク・消毒液を寄贈

2月20日、和歌山県有田郡湯浅町において、マスクやアルコール消毒液が大量に不足しているとの話を受け、当所からサージカルマスク1000枚、アルコール消毒液(1リットル)12本を同町役場に提供しました。

本社・事業所別一覧

グループ会社別一覧

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。