ダイバーシティ推進

LGBTへの取組み

1. 性のあり方にかかわらず働きやすい職場環境の実現に向けた取組み

性のあり方にかかわらず働きやすい職場環境とするために、LGBTへの理解促進を目的に継続的な社内研修やeラーニング等を実施しています。
2019年4月には、人事諸制度における配偶者の定義に「同性パートナー((社員と事実上婚姻関係と同様の事情にある同性の者))」 を追加しました。
また、任意団体「work with Pride」が策定しているPRIDE指標において、2020年度は当社として初めてゴールド認定を受けました(2019年度まではシルバー認定)。PRIDE指標とは、セクシャルマイノリティ(LGBT等)への取組みに対する評価指標であり、ENEOSグループ行動基準、ENEOS人事基本方針や各種研修を通じた啓発活動などが評価されました。

2. 取り組み事例

(1)全社員向け研修の実施

全社員を対象として、継続的に性自認や性的指向の多様性に関する研修を実施しています。2020年度は、「ダイバーシティ基礎研修~共生社会の実現に向けて~」と題して、以下の内容を含むeラーニングを実施しました。

  • 性の多様化と共生社会
  • カミングアウトに関するケースワーク
  • アライとは

(2)役職者向け研修の実施

課長級以上の役職者を対象として、「性的マイノリティである社員のインクルージョン研修」を実施しています。2020年度は、外部の講師をお招きし、ウェビナー形式で以下の内容について研修を実施しました。

  • LGBTに関連する各種法令
  • 上司・アライとしての職場マネジメント手法

(3)全社員アンケートを通じた実態把握

人事施策に関する全社員向けアンケート(匿名回答)を継続的に実施し、性的マイノリティを取り巻く職場の実態等を把握しています。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。